WordPressで数式を表示させる2つの方法と数式の書き方

数式を表示させる方法を色々試してみたところ、

自分のwordpress環境ではなぜかプラグインを入れてもできなかったのだが、

もともと入っていたJetPack WordPress.com の機能でLatexを書けた。でもデザインが合わないのでMathJaxのプラグインを入れてみたけど何故か上手くいかなかったので、CDNを引っ張ってきたらMathJaxを書けた。

それぞれの方法を説明する。

JetPack WordPress.comでLaTexを表示

「JetPack WordPress.com」をプラグインの新規追加で検索してインストールして有効化したら特に設定は必要ない。もともと入っている可能性も高いから、その場合はそのままでOK。

数式はTexのジェネレータサイトがすごく便利。数式書くの難しいからありがたい。はじめこそ何がどこにあるのかわからないのだけど、慣れてくるとかなり簡単にかけるようになる。 Web上での数式の書き方なんていちいち勉強してられないしね。

上のバーから探して

真ん中に反映させて作りたいのが出来上がったら

下のTex数式をコピーして自分の記事にペーストすれば良い。

Latexで数式を書く方法

latexが書きたい時はこんな感じ。

h(x)=\begin{cases} 0\quad (x\leqq 0) \\ 1\quad (x>0) \end{cases}

h(x)=\begin{cases} 0\quad (x\leqq 0) \\ 1\quad (x>0) \end{cases}

でも背景が白になってしまうし、デザインの変更をしにくいので、MathJaxを導入した方が良いかも。

MathJaxで数式を書く方法

プラグインのMathJax-LaTexを導入してみたんだけど、互換性はあるのになぜか表示されない。そこで、CDNをheadタグ内に書いて数式を$$で囲ったら表示できた。

headタグに追加したCDN

<script async src=”https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/mathjax/2.7.5/MathJax.js?config=TeX-AMS_HTML&locale=ja”></script>

外観→テーマの編集→header.phpとクリックしていって、

<head>と</head>の間にこのコードをコピペすればOKです。

mathjaxの書き方はこんな感じ

$$ h(x)=\begin{cases} 0\quad (x\leqq 0) \\ 1\quad (x>0) \end{cases} $$

$$ h(x)=\begin{cases} 0\quad (x\leqq 0) \\ 1\quad (x>0) \end{cases} $$

ちなみにCrayon Syntax Highlighterというプラグインを入れると、preタグを書くだけで自動で上に書いたようなコードをデザインしてくれて可愛い。

これを読むみんなもぜひwordpressで機械学習の記事書いて、頭を整理していきましょう。