NeoVimのvim-plugを使った一番シンプルな設定方法

以前の記事ではdeinやdeopleteなどを使ってneovimのプラグインを管理していたのですが、

そもそもそれほど多くのプラグインを使わない場合は、init.vimだけで記述した方が管理しやすいと思います。

なので、今自分はNeoVimの設定を、vim-plugというプラグインマネージャーを使うことで、

全ての記述をinit.vimだけで行うことにしました。

$ sw_vers                                                                          
ProductName:	macOS
ProductVersion:	11.2.3
BuildVersion:	20D91

vim-plugの導入

以下のコマンドをterminalで実行してvim-plugを導入します。

sh -c 'curl -fLo "${XDG_DATA_HOME:-$HOME/.local/share}"/nvim/site/autoload/plug.vim --create-dirs https://raw.githubusercontent.com/junegunn/vim-plug/master/plug.vim'

以下のコマンドでプラグインの保存用ディレクトリを作成します。

mkdir -p ~/.config/nvim/plugged

以下のコマンドでinit.vimを作成し、

touch ~/.config/nvim/plugged

編集します。

nvim ~/.config/nvim/plugged

init.vimに以下をコピー&ペーストします

"行番号を表示
set number
"タブ文字の代わりにスペースを使う
set expandtab
"プログラミング言語に合わせて適切にインデントを自動挿入
set smartindent
"各コマンドやsmartindentで挿入する空白の量
set shiftwidth=4
"Tabキーで挿入するスペースの数
set softtabstop=4
"カレントディレクトリを自動で移動
set autochdir
"バッファ内で扱う文字コード
set encoding=utf-8
"書き込む文字コード : この場合encodingと同じなので省略可
set fileencoding=utf-8
"読み込む文字コード : この場合UTF-8を試し、だめならShift_JIS
set fileencodings=utf-8,cp932
"eコマンド等でTabキーを押すとパスを保管する : この場合まず最長一致文字列まで補完し、2回目以降は一つづつ試す
set wildmode=longest,full

"LeaderキーをSpaceに設定(これだけでは意味をなさない)
let mapleader = "\<Space>"

"C++,Java等のインラインブロックを中括弧付きのブロックに展開
nnoremap <C-j> ^/(<CR>%a{<CR><Esc>o}<Esc>
"カーソル上の単語を置換
nnoremap <expr> S* ':%s/\<' . expand('<cword>') . '\>/'

"挿入モード終了時にIMEをオフ
inoremap <silent> <Esc> <Esc>:call system('fcitx-remote -c')<CR>

"ファイルタイプごとにコンパイル/実行コマンドを定義
function! Setup()
    "フルパスから拡張子を除いたもの
    let l:no_ext_path = printf("%s/%s", expand("%:h"), expand("%:r"))
    "各言語の実行コマンド
    let g:compile_command_dict = {
                \'c': printf('gcc -std=gnu11 -O2 -lm -o %s.out %s && %s/%s.out', expand("%:r"), expand("%:p"), expand("%:h"), expand("%:r")),
                \'cpp': printf('g++ -std=gnu++17 -O2 -o %s.out %s && %s/%s.out', expand("%:r"), expand("%:p"), expand("%:h"), expand("%:r")),
                \'java': printf('javac %s && java %s', expand("%:p"), expand("%:r")),
                \'cs': printf('mcs -r:System.Numerics -langversion:latest %s && mono %s/%s.exe', expand("%:p"), expand("%:h"), expand("%:r")),
                \'python': printf('python3 %s', expand("%:p")),
                \'ruby': printf('ruby %s', expand("%:p")),
                \'javascript': printf('node %s', expand("%:p")),
                \'sh': printf('chmod u+x %s && %s', expand("%:p"), expand("%:p"))
                \}
    "実行コマンド辞書に入ってたら実行キーバインドを設定
    if match(keys(g:compile_command_dict), &filetype) >= 0
        "下ウィンドウがターミナルであることを前提としている
        nnoremap <expr> <F5> '<C-w>ji<C-u>' . g:compile_command_dict[&filetype] . '<CR>'
    endif
endfunction
command! Setup call Setup()

"ファイルを開き直したときに実行コマンドを再設定
autocmd BufNewFile,BufRead * Setup
"RubyとJSではインデントを2マスにする
autocmd FileType ruby,javascript set shiftwidth=2 softtabstop=2

" undoを編集前に戻せるように設定
if has('persistent_undo')
  set undodir=~/.config/nvim/undo
  set undofile
endif

" プラグインの設定
" :PlugInstall でインストール

call plug#begin('~/.config/nvim/plugged')

" プラグインをここに追記していく
Plug 'tpope/vim-commentary'
Plug 'neoclide/coc.nvim', {'branch': 'release'}
Plug 'preservim/nerdtree'
Plug 'ryanoasis/vim-devicons'
Plug 'nathanaelkane/vim-indent-guides'
Plug 'ryanoasis/vim-devicons'

call plug#end()

" NERDTreeの設定
nmap <C-t> :NERDTreeToggle<CR>

" vim-indent-guidesの設定
set tabstop=2 shiftwidth=2 expandtab
let g:indent_guides_enable_on_vim_startup = 1
let g:indent_guides_exclude_filetypes = ['help', 'nerdtree']
let g:indent_guides_start_level = 2

nvimのコマンドモードで、:PlugInstall を実行して、記載したプラグインをインストールします。

これで、nvimの超シンプルな設定が完了です。

最低限のneovimですが、そこそこ使えると思います。