Cloud9でKotlinの開発環境を構築してHello World

Kotlinは最近熱い開発言語で、Androidアプリの開発に向いている。Javaの記述の冗長さや型安全の問題を解決していて、Kotlinの開発者いわく「いろんな言語の良いところを集めた言語」。

昔Cloud9はUbuntuのapt-getコマンドでパッケージをインストールしたりリポジトリを作ったりするのがデフォルトのやり方だったみたいで、スムーズにインストールできなかったのでyumでのkotlinの開発環境の構築法をさくっとまとめました。

Java8をインストール

$ yum search java-1.8.0-openjdk-devel
$ sudo yum install java-1.8.0-openjdk-devel
$ sudo alternatives –config java(1.8.0を選択してreturn)
$ sudo alternatives –config javac(1.8.0を選択してreturn)

SDKでKotlinをインストール

$ curl -s https://get.sdkman.io | bash
$ source “$HOME/.sdkman/bin/sdkman-init.sh”
$ sdk install kotlin

KotlinでHello World

hello.ktを作成して

fun main(args: Array<String>) {
    println("Hello, World!")
}

// コンパイル: kotlinc hello.kt -include-runtime -d hello.jar
// 実行   : java -jar hello.jar

コンパイルして、

$ kotlinc hello.kt -include-runtime -d hello.jar

実行する

$ java -jar hello.jar

まとめ

「Javaは書ける?」って聞かれて、「いえ、Kolinなら書けますけど(まだJavaとか言ってんのかよ)」みたいな時代になりそうなくらいの勢いがあるので、Kotlinに触れておいて損はないと思います!

Kotlin公式URL↓

https://dogwood008.github.io/kotlin-web-site-ja/